あと少しで|さいたま市北区の整体「いちまつ整骨院」

あと少しで|さいたま市北区の整体「いちまつ整骨院」

  • 048-668-2800

    【受付】9:00~13:00/15:00~19:30
    ※木曜午前、日祝休み

トピックス

あと少しで

  • ブログ

今年も、とうとう残り1週間となりました。

ほんとうに早いもんです。いいことは必ずくる。

忘年会等で風邪ひかないようにしてくださいね。

 

昨日もちと病院に行ってきました。

やっと点滴が外れた感じで、その結果、味覚もなんとなく戻って来たみたいです。

昨日はクリスマスイブということもあり、夕飯にはチキン1本まるまるでてました。

そして1口ケーキまで。

この時だけはゴージャスと病室の全員が言ってました。笑えた。

 

今では病室は1人1人カーテンが仕切られているのが当たり前になっています。

それが良い場合もあるし、またはどうかなという場合もあります。

どうかなというのは、病室にいる方達はだいたいが似たり寄ったりの原因で

入院している方ばかりだから、その病気のことで、お互いが共感できるわけです。

特に女性はそこらへんはすごいです。

人間、知らない人同士で共感というのはすごく安心感がありますからね。

 

見舞いに来ている人は、いくら家族だろうと、その人の辛さというのは共感はできないと

思います。手術なりなんなり受けてないですからね。

 

で、今回の経験から家族がいくら言っても、病室にいる周りの方々と話したりのほうが

時には元気になるということです。そこでカーテンというのがあるときには邪魔かなと。

閉めっきりだと話するにもタイミング等が難しいですもんね。

 

今回なんだかんだ入院して3カ月近くなりますが、今いる方達とやっといい感じで話をしています。

お互いがお腹が減らないやら、まずいやら、文句言っては笑ってみたいな感じです。

そしてお互いが励ましあって、自分だけではないと頑張れるのだと思います。

もちろん患者さんの年代だってバラバラですからね。若い方もいれば80代まで。

 

というわけで、入院するのも、いつまでもどうしてこうなったと考えているより、

言葉でいうのは簡単だけど、いかに入院生活を楽しめるかが、早く退院できる簡単で重要な条件です。

こう言っては看護師さんの仕事を増やしてしまうけど、看護師さんとも仲良くやれれば最高だし、

文句を聞いてもらうのもいいだろうし、逆にいろいろ話をすることで看護師さんに

その人の情報も入るから、良いことだと思います。

 

なんでも言いたいことも言えない、不安を抱え込んでいたら、治るものも治らないですからね。

 

sorry,please forgive me,thank you,and love you.

 

 

ページトップへ戻る