使い方|さいたま市北区の整体「いちまつ整骨院」

使い方|さいたま市北区の整体「いちまつ整骨院」

  • 048-668-2800

    【受付】9:00~13:00/15:00~19:30
    ※木曜午前、日祝休み

トピックス

使い方

  • ブログ

できる人とできない人の差はどんなところにあるのか?

 

例えば、これ初セミナーにでたときに、その初めての講義で言われたことが、

ノートの使い方です。

 

自分は小学生の頃から、頑張って普通か、それ以下の成績でずっと来てしまった。

だから、ノートなんていうのも、黒板に書かれたものをただ書いていただけ。

学生時代は、出来る人は蛍光ペン使ったりとか、マークしたりとか、

ノートの書き方は違っていたと思います。

自分はただ、シャープペンのみ。

 

もうこれだけで差がでますよね。授業中、頭を使って書いていくのと、

ただ書いているのではね。

そして自分の頭の中は、休み時間のことだけ。

 

で、本題。

セミナーで聞いた、ノートの使い方とは?

まずホワイトボードなり、これは書いておいてね、というものは、左ページに書いておきます。

そして右ページは空白にしときます。

要するに、ただ1枚1枚書いていくのではなく、2面使うといえば良いのかな?

 

そしてペンは3色でも4色でもボールペンでと言ってました。

 

ノートの使い方はこれを徹底してと。

右ページを空欄にしておくのは、その時話をきいて思ったこと、疑問点、

なんでも感じたことを書き留めておくためだと言ってました。

その時の自分はこういう考えだったとか。

 

これを聞いたのも約1年ぐらい前の話ですが、すっかり忘れてました。

セミナー出た後、もう一度ノートに書き換えたりしているときにふと思い出しました。

 

ほんと何やってんだか? 高いお金出してセミナー出てもこれじゃあね。

 

最後に小学生行く前の子供にノートを渡して、何か書いてごらんといえば、

多分1ページ、1ページ上から下みたいに、きれいになんて書かないですよね?

それが本来もっている良いことなんでしょうね。

 

いつの間にノートはこう書くんだよ。と教えられたのか?

これも不思議といえば、不思議。

小学生に上がっても、概念に囚われたり、周りがこうしているからとか

思わないで、自由にノートを使えば、将来のノーベル賞受賞者が増えたりしてね。

 

年を取るとともに、いつの間にか合理的にというか、良い意味でも悪い意味でも。

 

sorry,please forgive me,thank you,and love you.

ページトップへ戻る